WerkzeugでFlaskを使ったPythonのWebAppをプロファイリングする

前回の記事に引き続きISUCONのために調べたことをまとめてみます. うちのチームは使用言語にPythonを選択していたので,ISUCON2やISUCON3の予選でも使われていたFlaskというフレームワークを使ったWSGI Application用のプロファイラを探したところWerkzeugのWSGI Application Profilerというものがあったので使ってみました.
Read more

Fluentd + ElasticSearch + Kibana3で簡単に様々なログを可視化・解析する

ISUCON本戦に参加することができてしまったため,各種ログを集めて簡単に見れると良さそうだなぁと思っていたところ,Fluentd + Elasticsearch + Kibana3の組み合わせがなかなかよさそうだったので試してみました. 本記事では,NginxのAccessLogとMySQLのSlowQueryLogを可視化してみます.
Read more

Font Awesomeのクラス名が変わっていた件

様々なアイコンをテキストとして埋め込むことができる,Font Awesomeというものがあります.原理としてはCSS3のWebフォントという技
Read more

ISUCON3予選に学生枠で参加してみた #isucon

ISUCONに@yunazunoと@nerbaraki_m2とともに,チーム”かまたまうどん”と称して参加してきました. ISUCONとは”Iikanjini Speed Up Contest”の略で,お題となるWebサービスを決められたレギュレーションの中で限界まで高速化を図るチューニングの大会です. 今年で三回目の大会で,74チーム計210名もの人が参加したようです. 今年からはオンライン予選があったのですが,予選上位20チームに加えて学生枠で3チームが決勝にいけるということでワンチャン決勝いけるのではとか夢見てました.
Read more

Gingerを使って英文校正を行うSublime Textプラグインをつくった

去年からSublime Textというテキストエディタを使っています.UIが綺麗で使い方も分かりやすく,Goto Anythingで素早くファイル移動が行えるなど様々な利点がありますが,個人的にはプラグインによる拡張性が一番の魅力だと思っています.様々な人がプラグインを公開しており,プラグインによってテキストエディタでありながらIDEのような便利な機能を実現できます.プラグインはPythonで簡単に作成できるので,自分も何かネタがあれば一度作成してみたいなぁと思っていました. そして先日こんな記事を読みました. Ginger API を試してみた - にひりずむ::しんぷる 簡単に要約するとGingerという自動で英文チェックをしてくれるWebサービスがあるのですが,そのサービスのAPIが非公式ではありますが存在するということでした.これはいいなーと思ったので,今回よい機会だとSublime Text上でAPIを叩いて英文チェックを行うプラグインを練習がてら作成してみました.コードはGithub上に公開しています. Sublime2Ginger - Github
Read more

First step

Shut the fuck up and write some code. ぐだぐだ言ってないでコード書けよ,ハゲ Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ に出てくる言葉です.とにかくコードを書けという事ですね.プログラマ界隈ではよく言われる言葉らしいですが,僕はこのエントリを見て知りました. 新卒エンジニアのための先輩エンジニアによる一目置かれるエンジニアとして成長していくために必要なこと。 - 悪あがきプログラマー このエントリでも書かれていますが,エンジニアはアウトプットが大事だとよく言われます.ここでいうアウトプットとは,コードを書くことはもちろんですがブログなどで情報を発信することなども含まれます.実際個人的には,第一線で活躍されている優秀なエンジニアの方はブログを書かれている方が多いように感じます.
Read more